焼津市役所 翻訳機ポケトークを導入 外国人相談に利用

焼津市役所が外国人の相談を円滑にするために翻訳機ポケトークを導入したことがわかりました。

 

焼津市役所は「市多文化共生総合相談センター」を開設しました。焼津市では市内在住外国人は昨年末現在4467人いるとされています。ここ5年間で約1・5倍に増加しています。

 

焼津市で働く外国人が増加しているため焼津市役所では外国人労働者の生活をサポートするためポケトークを使ってコミニケーションを取っていくということです。

 

今後も外国人労働者が増えることが見込まれているため、早い段階でサポートできるようにするとのことでした。

 

市役所でも翻訳機ポケトークが採用されていますね。色々なところでポケトークが活用されています。

 

 

ポケトークは55言語を音声・テキストに翻訳し、19言語をテキストのみに翻訳

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ポケトークの翻訳精度はどれくらいヤバいのか?

海外赴任 翻訳機 用意するもの いきなり海外転勤 言葉の壁は翻訳機がどうにかし...

新型ポケトークSってどうなの?この翻訳機は買うべき?

【出川 翻訳機】赤い翻訳機 KAZUNA eTalk 5(カズナ翻訳機)ってどう...

契約不要、通信料金無し、月額使用料無しの翻訳機「ポケトーク」

《ポケトーク 台湾》実体験 さんま翻訳機で有名なポケトークを台湾のタクシー、夜市...