【オートメモS 評判】実際に使ってみた感想 最安値で買う方法がわかった!

こんにちは。
管理人です。

録音とテキスト化が同時にできる便利な機械として人気の「オートメモS」がありますが、実際に使ってみたのでレビューしていきます。

今回はソースネクスト社から製品提供して頂きました。詳しくレビューしていきますので参考になったら幸いです。

 

\最安値はこちら/
↓   ↓   ↓
画像をクリック

公式サイトは2,480円OFFで買える!

オートメモSの特徴

  • ボイスレコーダーのように録音ができる
  • 録音した音声を自動でテキスト化してくれる
  • クラウドに保存ができる
  • 録音後、自分のメールに音声データとテキストを送ってくる

オートメモSは普通のボイスレコーダーではなく、録音した音声を自動でテキスト化してくるというのが大きな特徴です。

普通のボイスレコーダーは録音しかできませんが、オートメモSはテキスト化してくれるので、会議の内容をテキスト化したり、取材した時の内容をテキスト化できるのでとても役立ちそうです。

また、録音した内容を検索する機能があるので、「あ〜あれってどこで言っていたっけな〜」と悩んだら、検索機能を使えば瞬時にその情報を出すことができます。

オートメモSは会議の記録をつける時にも役立ちますし、ライターさんのように取材して文章にする仕事の人にも役立ちます。

オートメモSに向かってしゃべれば、それがテキスト化されるのでタイピングが苦手な人にもとても便利なアイテムです。

オートメモSはたくさんありますね!

 

オートメモSの読み取り精度は良いの?

購入する前に気にする点としては、オートメモSの読み取り精度は良いのか?、つまりテキスト化された時にちゃんと正しく読み取ってくれるのか?という点ですが、

実際に使ってみたところ、完璧に読み取れるというものではありませんが、かなりの精度で正しく読み取ってくれます。

以下がオートメモSを使ってテキスト化された内容になります。修正せずそのまま掲載します。

それではこれから
オトメモsのデビューを始めていきたい。
と思います。
オトメモsの特徴は、ボイスレコーダーのように録音ができること、
録音した音声をテキスト化してくれること、フラードに保存してくれること、自分のメールに音声データやテキストを送ってくれるという特徴があります。

オートメモSのテキスト化精度は完璧とは言えませんが、良い感じにテキスト化できています。

本当は「オートメモS」と言っているのですが、「オトメモS」と翻訳している点があったり、

「クラウド」と言っているのに「フラード」と翻訳している点はありますが、そのほかはちゃんと正しくテキスト化してくれていますね。

多少修正は必要になりますが、かなりハイレベルにテキスト化してくれるアイテムです。

ここまでの読み取り精度であれば会議の議事録文字起こしや取材したときの文字起こしにとても役立ちます。

録音と同時にテキスト化されるので手間と時間がかなり省けるのではないでしょうか?

 

オートメモSは自動でテキスト化でき、自動でクラウド保存される

オートメモSは録音を開始すると、自動でテキスト化してくれます。しかも、音声データも自動でクラウドに保存されるので非常に便利です。

オートメモS自体にSDカードを入れる必要はありませんし、データ容量を気にする必要はありません。

録音を始めればすぐに音声データがクラウドに保存されますし、同時にテキスト化も始まります。

 

オートメモSのデメリットは?

オートメモSは便利で使い勝手の良いボイスレコーダーですが、唯一といえるデメリットは、

録音時間が長くなるとテキスト化される時間も長くなるという点です。

例えば1時間の会議を録音したとすると、その内容をテキスト化されるには20分ほどかかってしまうようです。

 

短い録音であればテキスト化も早いですが、長い録音だとテキスト化に時間がかかってしまうのが難点かもしれませんね。急いで資料を作らないといけない時にはもどかしくなってしまいます。

ですので、1時間くらいの会議の時は、15分くらいで1回録音を終了し、また開始するといいと思います。1回録音を終了すればテキスト化が始まるので時間節約になるでしょう。

ぶっ通しで録音をするのではなく、15分感覚で区切って録音するとスムーズにテキスト化できると思いますよ。

時間がある時は1時間、2時間とぶっ通しで録音してもいいと思います。

\最安値はこちら/
↓   ↓   ↓
画像をクリック

公式サイトは2,480円OFFで買える!

 

オートメモSには有料プランはあった。

オートメモSには「プレミアムプラン」と「ベーシックプラン」というものがあります。

毎月30時間までテキスト化したい場合は「プレミアムプラン」の加入が必要ですし、毎月1時間のテキスト化で十分の場合は「ベーシックプラン」で良いですね。

「プレミアムプラン」は月々980円。

「ベーシックプラン」は無料です。

 

仕事でガシガシ使う場合は「プレミアムプラン」の加入が必要かと思います。

普通に使う場合はベーシックプランで十分ですね。私もベーシックプランです。

 

オートメモSの価格はいくら?最安値で買う方法とは?

オートメモSは24,800円(税込、送料無料)です。

そこそこの値段はしますが、仕事効率化されるので、文字起こし作業がかなり軽減されます。

ライターさんにも重宝するボイスレコーダーだと思いますよ。

 

オートメモSを最安値で買うにはオートメモS公式サイトが一番安いです。なぜかというと10%のポイント還元がされるからです。

オートメモSは24,800円ですので、2,480円分のソースネクストeポイントがもらえます。ですのでオートメモS公式サイトで購入すると、実質22,320円で購入できることになります。

もらったソースネクストeポイントは、他のポイントに交換できます。Amazonギフト券やTポイントやWAONポイント、LINEポイント、Pontaポイントなどに交換できるので、色々なところで利用できます。現金をもらったようなものですね。

 

オートメモSは公式サイトでの購入が最もお得!

オートメモSは公式サイトで購入すると安く購入できますし、補償やサポートもしっかりしているので、購入する時は公式サイトをお勧めします。

 

公式サイトで購入すると以下のような感じで届きます

公式サイトで購入するとすぐに届きます。このようなコンパクトな箱に入って届きます。

 

本体が入っている箱のデザインもおしゃれです。箱にはシリアルナンバーなどが記載されているので捨てないようにしましょう。

 

箱を開けると、オートメモSと充電するためのコンセントが入っています。取扱説明書も同封されているので、それを見ながら設定すれば簡単に使い始めることができます。

 

オートメモSは直感的に使うことができるので、機械が苦手な人もすぐに使うこなすことができます。

 

とても便利なボイスレコーダーなのでぜひ利用してみてくださいね!

 

\最安値はこちら/
↓   ↓   ↓
画像をクリック

公式サイトは2,480円OFFで買える!

 

 

ポケトークは55言語を音声・テキストに翻訳し、19言語をテキストのみに翻訳

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

NO IMAGE

オートメモってどうなの? 音声をテキストに変えてくれる!だけじゃない!検索や音声...