ポケトーク 海外での使い心地を実体験レポート【香港・マカオの場合】広東語、北京語も使える!

ポケトークを持って香港とマカオに行ってきました。

ポケトークは63言語対応している翻訳機ですが、香港・マカオで使われている広東語も対応していますし、上海や北京など中国全土で使われている北京語も対応しています。

 

香港・マカオも北京語が通じるのでどちらの中国語でも使うことができます。香港・マカオのホテルでは英語も通じるところが多いので、ポケトークは問題なく使うことができました。

ポケトーク専用SIMは香港・マカオに対応

私はポケトーク専用SIMも一緒に購入しています。ポケトーク専用SIMは世界70カ国以上でインターネット接続ができる優れものですが、香港・マカオも対象国となっているので、日本からそのまま持って行っても自動的に香港・マカオのインターネットが接続されます。

ですのでインターネット事情は心配ありません。

もしポケトーク専用SIMを購入していない場合は現地でSIMを購入するか、海外WiFiと連動すると使えるようになります。

 

ポケトーク香港の場合

香港でもポケトークを使いました。今回は香港に1日しか滞在しませんでしたが、ホテルやフェリー乗り場で使いました。

香港からマカオまでフェリーで行くのですが、そこの受付でポケトークを使って「マカオまで行くにはどうすればいいですか?」と広東語を使って翻訳しました。ちゃんと通じました^ ^

 

香港は大都市ですね!東京より大都市な気がしました。国民も活気があって、香港に住む人の平均年収は1億円らしいです(汗)みんなが金持ちという感じでしょうか。それとも格差がある感じでしょうか。

金持ちは大金持ち、金ない人は本当に無いという感じかもしれませんね。

 

香港のマンションも大きいです!この1部屋が5億円とかするらしいですよ!高っ!

 

ポケトークマカオの場合

今度はマカオにも行きましたが、マカオの方がポケトークが活躍しました。マカオは観光の国なので見るところがたくさんあります。

世界遺産やカジノなど娯楽の街という感じです。

有名な世界遺産ですね。元々は教会だったようですが戦争で壁ひとつになったみたいです。

マカオで有名なエッグタルトです。世界遺産の近くにあるエッグタルトのお店は人気でとても美味しかったです。

マカオは美味しいお店がいっぱいあるのですが、こういったお店を探す時もポケトークが使えます。観光案内所とかでポケトークを使ってオススメにお店を聞くことができました。

 

中国料理で有名なのが北京ダックですが、マカオは安く北京ダックを食べることができます。

日本人はほとんど足を運ばないディープなマカオにあるお店です。観光雑誌でも出てこないような現地の人が行く中国料理店です。もちろんマカオは治安がいいのでディープなところに行っても安心です。

 

カジノでもポケトークは使える

マカオのカジノは世界一と言われるくらい華やかで素晴らしいところです。マカオで有名なカジノ施設にベネチアンマカオやウィンパレスなどがありますが施設内はとにかく豪華です。

カジノ会員(無料)になるときはカウンターで記入しないといけないのでスタッフと話す場面があります。そこでポケトークが活用できました。カジノ内は無料WiFiが飛んでいることが多いので施設内は使うことができます。

しかし、カジノは音がうるさいので音声翻訳は聞こえません。文字翻訳が役に立ちました。

 

このような感じで香港・マカオでもポケトークを使うことができました。香港・マカオは英語、広東語、北京語が通じる国なのでポケトークも対応しています。

香港・マカオはインターネット事情が良い国なので翻訳速度も速かったです。

香港・マカオに旅行に行く際はぜひポケトークを持参して行ってみてください。

 

【ポケトーク公式オンラインショップ】
POCKETALK(ポケトーク)はこちら
 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ポケットトーク 翻訳機はなぜ他機よりズバ抜けているのか?

翻訳機「まゆみ(Mayumi)」の評判とレビュー

ポケトーク 海外での使い心地を実体験レポート【フィリピンセブ島の場合】

さんまさんCMをしている翻訳機「ポケトークW」を購入したよ!

【ポケトーク 評判】ポケトークはなぜ翻訳機でナンバーワンなのか?

【翻訳機】ポケトークが人気な6つの理由