ポケトークは海外で充電できる?壊れないために安全に充電する方法

はじめに

ポケトークを持って海外旅行にいく人が多いと思いますが、ポケトークは渡航先で充電できるのか心配な人も多いのではないでしょうか?

 

日本と海外の電圧は違うため、間違ってスイッチを入れると火花が出て故障してしまうこともあります。

 

ポケトークや他の翻訳機を故障させずに充電するためにこのページでは海外でポケトークを安全に充電する方法について解説していきます。

 

海外では必ず『変圧器』を使おう

日本の電圧は100~110Vとなっていますが、アメリカでは120Vとなっています。アメリカの方が電圧が若干強いです。アメリカと日本はそんなに変わらないので良いのですが、フィリピンでは220Vなので、そのままコンセントを差して電化製品を起動してしまうと火花が出てショートしてしまうことがあります。

セブ島に行くときは気をつけてくださいね。ドライヤーなどをそのまま差してスイッチを入れると一瞬でショートしてしまいます。

 

このように日本と海外では電圧が違うため、日本の電化製品を使えるように変圧器を使うようにします。

 

ポケトークや他の翻訳機を充電するときは以下のような変圧器を使うと良いでしょう。私はANKERという変圧器を使っています。

【Amazon】ANKERはこちら

 

ほとんどの変圧器には『input/入力100-240V』という数字が書かれています。これは何を意味するかというと、「この変圧器を使えば100V〜240Vの電圧でも自動的に制御するので大丈夫ですよ」というものです。

ですのでフィリピンの220Vでも、この変圧器を使えばスマートフォンも翻訳機も安全に充電できるということです。

 

私はANKERに変圧器を使っていますが、実はiPhoneの充電器や他のスマホの充電器でもポケトークは充電できます。

このような変圧器にコードを繋いでポケトークを充電すれば安心ですよ。

USBの差込口は2つあるので、スマートフォンとポケトークを同時に充電することも可能です。

 

このようにANKERの変圧器にコードをつなぎ、ポケトークを充電すれば安心して充電ができます。ポケトークは1日で充電が半分以下になるので毎日充電しておくといいですね。

 

このような変圧器はポケトーク公式ショップのオプションで一緒に購入することができます。

 

出典:ポケトーク公式ショップ

 

ポケトーク公式ショップでは980円で購入することができます。私が持っているANKERの変圧器は1400円ですのでポケトーク公式ショップの方が安いですね。変圧器も購入したい場合は、ポケトークを購入する際に一緒に買うといいですね。

 

変換アダプターも必要です

今度必要なのはコンセントの変換アダプターです。

 

日本のコンセントはこんな形状ですよね。

見慣れた形ですね。

 

しかし海外ではコンセントの形が違います。

 

海外のコンセントの形状は違うことがあり、日本のコンセントが差せないということもあります。ですのでコンセントの変換アダプターは持って行くといいでしょう。

変換アダプターもポケトーク公式ショップのオプションとして販売されています。

 

これ一つで色々な形状に対応しているのでこの変換アダプターも一緒に購入すると安心ですね。

 

ポケトークを購入する際にオプション選択に欄で上記の商品も一緒に購入すると良いかと思います。それか、電気屋さんやAmazonや楽天でも購入できるので個別で購入しても良いと思います。

 

海外では電圧も違いますしコンセントの形状も違います。充電できるように万全を期して海外旅行にいきましょう!

 

 

ポケトーク公式ショップはこちら

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【翻訳機】ポケトークが人気な6つの理由

【出川 翻訳機】赤い翻訳機 KAZUNA eTalk 5(カズナ翻訳機)ってどう...

海外旅行 あると便利なアイテム第1位は翻訳機!翻訳機は今や必需品 言葉の壁を無く...

ポケトーク赤(レッド)が復活!レギュラーカラーに抜擢されました!

翻訳機は機内持ち込みできるの?空港で没収されないための注意点

翻訳機ポケトークをレンタルしたかったらココ→がオススメ!最安値でレンタルする方法